知らないと損するDIY壁紙の知識

こんばんは!!
壁紙革命の奨太です!!

昨日の夜、ニュースを見ていたら
電子タバコから発ガン性物質のホルムアルデヒドが検出されたと報道されてました・・・
自分はタバコ吸わない人間なので興味ないのですが、
「ホルムアルデヒド」のワードを聞いて耳を疑ってしまいました。

ニコチンやホルムアルデヒドが検出されたことで大きく取り上げられていましたね。
知らないで使用した方の気持ちになると、ふざけんな!!!って思います。
怖いなぁ・・・

ホルムアルデヒドは、我々の壁紙の業界でも、とーーっても規制が厳しいです!!
しっかりとした法律があり、万が一事故などあれば罰せられます。

しかし、最近はDIYブームにより、輸入壁紙が
ネットショップなどで、誰でも購入できるようになりました。

販売している輸入壁紙のホルムアルデヒド試験をしなかったり、
消費者に試験結果を伏せて、日本の安全基準を大きく上回る危険な壁紙を
販売している企業がたくさんあるのです。←困ったもんです。

消費者には小さなお子様がおられるご家庭もあり、発ガン性物質の
ホルムアルデヒドは大変危険です。

目に見えない発ガン性物質は、放射能と同じです。
長い年月をかけて身体に悪影響を及ぼします。

それを、
知らずに購入されている方を見ていると、とても心苦しいです。

そーいえば・・・
福島原発事故の際、発ガン性物質である放射能がたくさん放出されたにもかかわらず
「直ちに健康に害を及ぼすものではありません。」と言った政府がありましたが、
発ガン性物質がたくさん放出されている壁紙を売っている企業も
これと全く同じ感覚なんでしょうね。

前振りが長くなりましたが、
そこで今回は、
知らないと損する、壁紙の知識をご紹介しますねっ♪
専門用語もありますが、なるべくわかりやすくご説明します!

ホルムアルデヒドを単なるシックハウス症候群の原因物質の一つと勘違いされている方が多いですが
WHOの外部機関である国際がん研究機関により、発がん性があると警告されている物質です。
ですから、ホルムアルデヒドとクロルピルホスの二つの化学物質には、建築基準法で厳しい規制があるのです。
壁紙からはクロルピルホスは出ないのでここではホルムアルデヒドのみのお話をします。

ホルムアルデヒドの値が高い空間で過ごすと様々な健康障害を引き起こします。

みなさんが規制に気にすることなく安心してご使用できる壁紙は、
①「F☆☆☆☆マークがついている壁紙」
②「ホルムアルデヒド発散速度が0.005mg/㎡h以下」
③「ホルムアルデヒド放散量が
0.2mg/L以下」

上記の①②③のどれかが明記されている壁紙のみです。

それ以外はありません!


私たちは①②③の商品しか扱わないっ!

心に決めております

壁紙革命~賃貸でもおしゃれに~の輸入壁紙はしっかり検査をして
国土交通省から
「この壁紙は大丈夫ですよー!安心して使用できます」の証のシールが貼られています。

それがこれ!
F☆☆☆☆とは、施工面積に関係なく貼っても問題ないですよ♪って意味。

当店では、F☆☆☆☆等級の基準値を満たしている商品しか扱っていませんが、
それ以外にもF☆☆☆やF☆☆などもあります。
星が3つや2つは、施工出来る面積にかぎりがあります。
これで、目安になるんですね。

こんな風に壁紙にしっかりF☆☆☆☆マークが貼ってあります♪

先ほどの①②③が明記されていない壁紙は要注意です!!
ホルムアルデヒド認定を取得していないものやホルムアルデヒド試験すらしていない壁紙です。

自分の身は自分で守るしかありません。
知っているか知らないかでは、全然違います。

当店が販売している商品以外にも、おしゃれなデザインは
たっくさんあります!!
ただ、他で検討する際は、ホルムアルデヒドのことを
思い出して確認して頂けると嬉しいです。

すでに、、、

消費者庁から注意喚起のお知らせが掲載されています!!
詳細はこちら→
http://www.caa.go.jp/safety/pdf/141128kouhyou_1.pdf
事故情報データバンク1には、壁紙の張り替えなどの内装リフォームによるシックハウスやにおい、
化学物質に関する事故情報2が平成 21 年度以降 266 件寄せられています(平成 26 年 10 月末日までの登録分)。

 

今日はこの辺で!
明日は、DIYレッスン☆
最近毎週だ。笑
楽しみ~♪

では、また明日ー^^/

壁紙革命〜賃貸でもおしゃれに〜